コラーゲンと栄養素。

コラーゲンは、体を構成する大切なタンパク質なので、基本的にはどの栄養素とも相性が良いと言われています。
こちらでは、その中でも特に相性の良いグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などの栄養素を紹介しています。

コラーゲン

コラーゲンは体の重要な構成成分。

コラーゲンは、私たちの体の全タンパク質の約3分の1を占めています。
具体的には、骨、軟骨、腱、皮膚(真皮)、血管などの場所に多く存在しているのです。

コラーゲンが様々な効果を持つのは、大きく2つの重要な役割を担っているためです。

体や臓器の大黒柱

他のタンパク質が細胞内で働いているのに対し、コラーゲンは、細胞外で繊維あるいは膜の様な構造体で、体全体あるいは個々の臓器の形を作ったり、結びつけたり、支えたりしているのです。
また、細胞は足場であるコラーゲンに張り付いて、はじめて生きていくことができ、細胞分裂を行うことができるのです。

弾力性と柔軟性を生む原動力

肌のハリだけではなく、軟骨や腱、臓器の持つ弾力性と柔軟性は、個々のコラーゲンが各組織の中で互いに橋を架けあい、しっかりと結びついているおかげです。
骨が単に硬いだけでなく、弾力性のある強靭さを持つのも、コラーゲンが豊富に含まれているためです。

相性の良い栄養素。

上記でも記載しているとおり、コラーゲンは体を構成する重要なタンパク質であり、基本的にはどの栄養素とも相性が良いとされています。

その中でも、特にコラーゲンと相性の良い栄養素を下記に紹介します。

ヒアルロン酸

驚異的な保湿力を持ち、潤いのある肌に欠かせないヒアルロン酸は、コラーゲンの『美容のパートナー』とも言えます。
また、関節の潤滑油としての役割も持っています。

ヒアルロン酸とコラーゲン

グルコサミン

軟骨を再生させる効果を持つグルコサミンは、コラーゲンとともに軟骨の健康に欠かせません。
また、ヒアルロン酸やコンドロイチンの主要成分にもなります。

グルコサミンとコラーゲン

コンドロイチン

真皮を形成するコラーゲンを正常に保つことで、肌の弾力の維持に大切です。
また、 コンドロイチンは軟骨に水分とともに栄養を届る役割を持ち、丈夫な軟骨の生成にも欠かせません。

コンドロイチンとコラーゲン

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.