コンドロイチンとコラーゲンを解説。

コンドロイチンは、軟骨の維持、関節の保護に欠かせない栄養素です。
また、保水性を持ち、真皮におけるコラーゲンを正常に保つ役割もありますので、美容と健康の両面でコラーゲンと共に働きます。

コラーゲン

コンドロイチンとコラーゲンの関係。

コラーゲンと共に美容や健康に欠かせない栄養素としてコンドロイチンがあります。

コンドロイチンは、関節痛を緩和する効果が有名ですが、美肌の際には「真皮を形成するコラーゲン繊維を正常に保ち」、骨の形成の際には「カルシウムをコラーゲンに糊付けする役割」、血管内では「血液中のコレステロールの増加を防ぐ」などがあります。

コラーゲンとは非常に近い場所で働いていますので、同時に摂取することで、コラーゲンの効果がよりしっかりしたものになります。

コンドロイチンって何?

正式には「コンドロイチン硫酸」と呼び、ギリシャ語の「軟骨」が語源になっています。

食品では、鶏の皮や軟骨、魚の骨や軟骨、フカヒレやウナギなどに含まれており、熊の手の平や鶏冠などはコンドロイチンの宝庫と言われています。

体内では、軟骨や骨、脳神経組織など、殆ど全ての組織に含まれています。

コンドロイチンの効果。

コンドロイチンの持つ代表的な効能を下記に紹介します。

関節痛を緩和します。

コンドロイチンは、軟骨に水分と栄養を届けることで、丈夫な軟骨の生成に関与するだけではなく、軟骨の主成分であるプロテオグリカンの材料にもなります。

また、不要な血管新生を抑制して軟骨の破壊を防ぐ効果や、加齢に伴って起こる軟骨細胞の死滅を防ぐ役割などもあります。
これらの働きにより、軟骨を維持し、関節痛を緩和します。

美肌作りに役立ちます。

重量の数百倍という保水力で、体内の水分をしっかりキープするだけではなく、真皮を形成するコラーゲンを正常に保つことで、肌のハリを維持します。

骨粗鬆症の予防に役立ちます。

コラーゲンにカルシウムが沈着することで骨になりますが、コンドロイチンは、その際に、カルシウムをコラーゲンに糊付けする役割を持っています。

血管の健康を守ります。

コンドロイチンには、血液中のコレステロールの増加を防ぐ働きがあります。
また、血管壁にコレステロールが沈着するのを抑える効果もあります。

目の健康を守ります。

コンドロイチンは、水晶体と周囲の筋肉である毛様体筋、水晶体の奥にある硝子体にも豊富に含まれており、不足すると、老眼の原因や飛蚊症などを引き起こす原因となります。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.