美肌との関係を解説。

美肌とコラーゲンの関係を紹介しています。
シワやたるみができる原因についても解説していますので、ぜひご覧下さい。

コラーゲン

肌の構造とコラーゲン。

肌は、外側から表皮、真皮、皮下組織に分かれます。

表皮

水分の蒸発を防ぎ、常にターンオーバーを行っています。
また、外部からの刺激物質(ダニ、ホコリ、細菌など)から肌を守る『肌バリア』の役割も持っています。

真皮

コラーゲンなどが繊維として網目状になっており、その間にヒアルロン酸などが存在しています。
肌のハリや潤いを保つだけでなく、栄養の運搬や老廃物の排出も行っています。

皮下組織

ほとんどが脂肪(皮下脂肪)でできており、体温調節やクッションの役割、女性らしい体の曲線を作り出す役割を担っています。

この中で肌の本体をなしているのが真皮で、約70%をコラーゲンが占めており、肌のハリを支えています。

これ程、肌に重要なコラーゲンですが、体内の古いコラーゲンが順次分解される一方で、新しいコラーゲンが次々に合成され、常にリフレッシュされているのです。

そのため、サプリメントなどを上手に利用して、コラーゲンが不足しないようにすることが大切です。

シワやたるみの原因。

シワやたるみの原因としては、大きく加齢と紫外線の影響が言われています。

加齢

歳をとるにつれて、体内のコラーゲン合成力は低下し、生まれ変わることができずに、古いコラーゲンが体内に長く留まり、弾力性や柔軟性を失って硬くなります。

具体的には、コラーゲンが酸化されやすくなって「老化架橋」と呼ばれる余分な繊維が増えてくのですが、これがコラーゲン間に生理的に必要の無い橋を作り、弾力性や柔軟性を失わせ、肌を支える力が弱くなると言われています。

紫外線

紫外線は、真皮の中に多量の活性酸素を生み出します。
肌を太陽光にさらし続けると、真皮中のコラーゲンがどんどん酸化され、「老人架橋」が増えてしまいます。

また、紫外線はコラーゲンの分解を促進すると言われています。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.