上手にコラーゲンを摂取しよう。

コラーゲンは、動物の皮や腱、軟骨などの食品に多く含まれています。
しかし、これらは脂肪を多く含むものが多いため、積極的に摂取したい方は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

コラーゲン

コラーゲンを多く含む食品。

コラーゲンは、動物性のタンパク質で、動物と魚類の皮やスジ、骨や軟骨などに多く含まれています。

しかし、口から摂取して分解されたコラーゲンは吸収率が悪く、また、体内でコラーゲンとして利用するためには、リジン(必須アミノ酸)やプロリン(非必須アミノ酸)、ビタミンCなどが必要となります。

そのため、コラーゲンとしての吸収率が高く、コラーゲンの効果を活かすことのできるペプチドコラーゲンが注目を集めています。

コラーゲンの摂取量や上限量。

コラーゲンの摂取量については、明確ではありませんが、一般的にコラーゲンは体を構成する大切なタンパク質として1日5g以上が必要と言われており、美肌や美容目的であれば、それ以上にしっかり摂取する必要があります。

また、上限量についても明確ではありませんが、コラーゲンはタンパク質であるため、多少取りすぎても問題はないと言われています。
しかし、過度に多量を長期的に摂取すると、栄養面のバランスを崩してしまう可能性がありますので、注意して下さい。

サプリメントを利用しよう。

コラーゲン摂取の際に大切は事は、1日にどれだけ摂取するよりも、どれだけ継続的に摂取することができるかということです。

そのため、脂質を多く含む皮や軟骨などの食品を摂取するよりも、サプリメントを利用される方が多くなっています。

サプリメントで摂取する際のポイントとしては、価格も大切ですが、何を『原材料』に使用しているかという事になります。
コラーゲンサプリメントは、下記の原材料などが使用されています。

参考までに各社のサプリメントを選ぶポイントを作成しましたので、ご利用下さい。

動物性コラーゲン

牛や豚、鶏から抽出されるコラーゲンで、熱に強く加工しやすのですが、欠点として独特の臭いを持っています。
また、脂質やカルシウムなどが含まれおり、純度が下がってしまいます。

牛については皆さんもご存知のとおり、BSE問題以後、取扱いが厳しく制限されるようになっています。

海洋性コラーゲン(フィッシュコラーゲン)

魚の骨や皮から抽出されるコラーゲンで、動物性コラーゲンに比べ、安全性が高く、臭いも殆どないため、注目を集めています。
また、余分なものが含まれていないため、高純度のコラーゲンになっています。

身体に優しく、様々な効果が期待できることから美容業界からも注目されています。

植物性コラーゲン

主に大豆などから抽出されますが、正確にはコラーゲンではありません。
コラーゲンは、動物に存在するタンパク質なので、植物には存在しないのです。

しかし、コラーゲンに近い働きを持っている植物成分であるため、植物性コラーゲンと呼ばれているようです。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.