関節とのコラーゲンの関係を解説。

美肌だけではなく健康な関節にも大切なコラーゲンの効果を解説しています。
また、関節痛の原因についても解説していますので、ぜひご覧下さい。

コラーゲン

関節との関係。

人が歩きはじめてから、苦しんできた疾病の代表的なものが関節症です。

コラーゲンは下記の効果により、健康な関節を作ります。

健康な軟骨を作ります。

関節を滑らかに動くためには、健康な軟骨が必要です。

軟骨は、水分の他に、コラーゲンやプロテオグリカン(グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などが成分)が主な成分となっています。

関節にかかる衝撃を軟骨がクッションの役割で吸収できるのは、コラーゲンの持つ弾力性のおかげなのです。

また、コラーゲンは、プロテオグリカンをしかるべき場所に安定させ、軟骨基質を1つに繋ぎ合わせる役割も持っています。

しっかり摂取することで、健康な軟骨を作り、関節を守ります。

骨粗鬆症を予防・改善します。

骨粗鬆症とは、骨が軽石のようになり、内部がスカスカになった状態と言えます。
骨粗鬆症の状態で骨折した人の20%が生涯、身体障害者になってしまうとも言われています。

予防や改善には、丈夫でしなやかな骨を作る必要があります。

骨はコラーゲンにカルシウムなどが沈着した構造となっていますが、カルシウムをいくら摂っても、中心となるコラーゲンが不足すると、効率良く沈着しなくなります。

また、骨のコラーゲンも新陳代謝を繰り返していますので、骨を丈夫に保つためには、しっかりコラーゲンを摂取する必要があります。

また、関節の動きを支持している筋肉の膜や腱にも、コラーゲンは多く含まれていますので、しっかり摂取し、これらの支持能力が高まれば、より関節を健康に保てます。

関節痛の原因。

関節痛を引き起こす、代表的な疾病に変形性関節症があります。

変形性関節症は、加齢や過剰な体重、激しいスポーツなどにより、軟骨がすり減って、関節の硬い骨同士がぶつかり変形したり、砕けた細片が神経がある滑液膜などに刺さって炎症や痛みを引き起こす病気で、近年の日本では年々患者が増加しており、生活習慣病と言われることもあります。

変形性関節症は、手や肘、膝や腰関節など、関節部ではどこにでも起こる疾病で、軟骨には血管や神経がないため悪化するまで気付かない疾病ですので、日頃からコラーゲンを摂取して、予防することが大切です。

関節の健康には、運動も必要です。

運動を行うことは、変形性関節症などの症状を悪化させるように思われがちですが、適切な運動を行うことは、症状を和らげ、体重を減少させますので、関節への負担が減少します。

運動すると、関節を支える筋肉や靭帯、腱は鍛えられ、関節の可動域や柔軟性、緩衝性が保たれます。
すると、 関節にかかる衝撃を軽減して、軟骨を守ってくれるのです。

これが、コラーゲンの摂取とともに運動が必要な理由です。

ただし、運動が体に良いと言っても、体の現状に合わない運動は負担を与えるばかりになりますので、自分に合った運動法をお探し下さい。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.