コラーゲンの用途を紹介。

美しい肌を作るために必要なコラーゲンは、実は私たちの身近な所でも役立っています。
こちらでは、美容や健康以外に用いられているコラーゲンの用途を紹介していますので、時間のある方はぜひご覧下さい。

コラーゲン

コラーゲンの名前の由来。

語源としては、ラテン語の「ニカワを作るもと」という意味からきており、日本語では「膠原(こうげん)」という字を当てます。

ニカワは、接着剤として用いられており、動物の皮や骨、爪などを原料としています。

抽出されたコラーゲン成分が接着剤になるように、体内でもコラーゲンは接着剤の役割を果たしているのです。

では、このコラーゲンがどのような用途を持っているのかを、下記より紹介します。

コラーゲンの用途。

コラーゲンの利用は、サプリメントなどの健康食品や化粧品ばかりではありません。
古くから私たちの身近な存在として、生活に役立っているのです。

天然皮革の代わりに。

衣服やカバン、ベルト、靴などの皮革製品は、今でこそ人工材料が開発されていますが、皮革こそ最も歴史の古いコラーゲン製品なのです。

ソーセージの皮に。

動物の腸を使ったソーセージもありますが、生産面や経済面からみて、コラーゲンがソーセージの皮としてよく使われています。
メーカーによって硬さが違うのは、コラーゲンの膜の厚さや伸縮性が関係しているようです。

写真フィルムに。

写真フィルムの2分の1はコラーゲンでできています。
フィルムは、ミルフィーユのように、いくつものコラーゲン膜からなっているのです。

医療用としてのコラーゲン。

細胞に馴染みやすいコラーゲンは、医療材料として非常に期待されています。

人工血管や人工弁の弁膜などの材料として研究され、一部実用化されています。
中でも、コラーゲンで作られた火傷のカバーは、特に優れていると評判の高い医用品です。

人工臓器の開発も進められており、人工皮膚は、大火傷をした人などを対象に、一部実用化されています。
人工腎臓や人工心臓などは、大きな期待を背負い実用化されつつあります。

また、コラーゲンは、コンタクトレンズとしても使用されています。
目の角膜の主成分はコラーゲンなので、酸素の通過性や馴染みやすさから、コラーゲンは使い心地が良いそうです。
ただし、長持ちしないことと高価になることが問題となっています。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.