ヒアルロン酸とコラーゲンを解説。

ヒアルロン酸は、潤いのある肌作りに欠かせない栄養素です。
コラーゲンと同時に摂取することで、より美肌作りに効果があります。

コラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲンの関係。

コラーゲンと共に、美肌作りに欠かせない栄養素としてヒアルロン酸があります。

ヒアルロン酸は、わずか1gで6kgの水を保水する効果を持ち、真皮のコラーゲンの隙間を埋めるように存在し、そこで多量の水を抱えこんで、潤いのある肌を作ります。

また、ヒアルロン酸は、軟骨にも多く存在し、関節の動きをスムーズにする効果も持っていますので、コラーゲンと同時に摂取することで、美容と健康に、より効果を発揮します。

ヒアルロン酸って何?

『硝子体(hyaloid)のウロン酸(uronic acid)』からその名が付いたと言われてます。

食品では、牛や豚、鶏や魚などの皮・軟骨・目などに含まれており、鶏のトサカなどはヒアルロン酸の宝庫と言われています。

体内では、肌や軟骨の他に、血管や心臓(弁)、目や脳などに多く存在しています。

ヒアルロン酸の効果。

ヒアルロン酸の持つ代表的な効能を下記に紹介します。

潤いのある肌を作ります。

コラーゲンの隙間で多量の水を保持し、潤いのある肌を作ります。
また、ヒアルロン酸は、表皮への栄養や酸素の運搬も行っていますので、表皮の正常なターンオーバーの維持にも大切です。

関節痛を緩和します。

関節における潤滑油としての役割を持つヒアルロン酸は、しっかり摂取することで、関節の動きをスムーズにし、関節痛を緩和します。
また、コラーゲンと共に軟骨の主成分である「プロテオグリカン」の材料にもなりますので、関節の健康に大切です。

目のトラブルを防ぎます。

目の「硝子体」と呼ばれる部分に多く存在し、目の潤いを守っています。
そのため、ドライアイや眼精疲労などにも関係していると言われており、目薬にもよく配合されています。

生理痛や生理不順の緩和に役立ちます。

卵巣にもヒアルロン酸は多く存在しており、しっかり摂取することで、卵巣を活性化し、生理痛や生理不順の緩和に役立つと言われています。

また、排卵した卵子の回りにヒアルロン酸がたっぷり含まれていないと、妊娠する確立が大幅に低下することが言われており、不妊対策にも注目されています。

注意事項!

・本サイトの利用は、コラーゲンの効果。のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コラーゲン.com All Rights Reserved.